~働く場所として医療の場を選択肢に~

リハビリテーションスキルを生かす転職

介護現場にいるとスキルは次第に身についていきますが、資格は努力しなければ取得できません。介護現場から医療に転職したいというときに資格がないのは問題になってしまいがちです。しかし、スキルを生かすだけで転職に成功している例もあります。養護老人ホームやデイケアセンターなどで働いているとリハビリテーションを実施も重要な業務の一つになりますが、その担い手や有資格者の補助を行って来た人がスキルを生かして転職に成功しているのが一例です。リハビリテーションは医療現場でも需要が高くなっています。病気や怪我に悩まされるリスクは年齢と共に増加しますが、また活動できるようになるために身体能力を高める運動が必要なケースも多くなりがちです。高齢者が増えている現代では高いスキルを持っている人材の需要が高騰する一方になっています。
リハビリテーション科を設置している病院やクリニックに加えて、整形外科でも業務の一環として行っていることが多いのでスキルのある人材を求めて求人を出しているのです。リハビリテーションの知識は様々な業界で広く活用できるので、介護現場で身につけておくと将来の役に立ちます。理学療法士や看護師などの資格を持っている人を優先して募集する傾向はありますが、人材があまりに足りていない現場からは資格の有無を問わない求人が出されています。それに着目して転職しようと思い立った人は、現場で培ったスキルを生かして医療現場への転職に成功しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Calendar

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

memo